top of page
  • 執筆者の写真espicule

なぜスポンジアトリートメントを毎日してはダメなの?


なぜスポンジアトリートメントを毎日してはダメなの?


お肌にケイ素の鍼で刺激を与え角質を生まれかわらせるスポンジアトリートメント。

エスピキューレがお勧めしているメソッドで行っていただくと、古い角質が浮き上がり、新しい角質に生まれかわる準備がはじまるまでに、最低でも5から6日はかかります。

そしてその新しい角質が丈夫に育つまで、さらに1週間ほどの時間が必要です。

ですからエスピキューレでは、最初にスポンジアトリートメントを行ってから次のスポンジアトリートメントまで最低でも2週間ほど間隔を空けていただくようお願いしています。


このようにスポンジアトリートメントは、じっくりと時間をかけ、ご自分の免疫力を利用し、シリカニードルパウダー(スポンジア)や専用のクレイ、ヒト幹細胞培養液配合美容液セルグロウCell Glow、椿オイルSpicule Oil や鉱泉水ローション 水霧 SUIMUなど、天然の美容成分の力を借りながら健康なお肌を育てていくものです。


もうお分かりのように、スポンジアトリートメントを毎日行えば、お肌は過剰な刺激に毎日さらされ、健康な角質が育つことができなくなります。

ですからエスピキューレは過剰なスポンジアトリートメントをけっしてお勧めしません。


はじめてスポンジアトリートメントを行う際は2週間ほど間隔を空けて4回から5回の施術を行います。


そして、その後は月に一度の施術を行うのが理想的です。

月に一度、スポンジアトリートメントで肌を目覚めさせ、翌月のスポンジアトリートメントまで、しっかりと健康でふっくらとした素肌を育てる。これがスポンジアトリートメントの理想の肌サイクルです。


詳しくは下記ホームページをご覧ください。


シミや小じわ、ほうれい線などに

これからのマンスリーケアの

新常識。


エスピキューレのスポンジアトリートメント

https://www.espicule.com/


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page